特定非営利活動法人調和の響きエコツーリズムネットワーク


設 立 趣 旨 

  趣 旨

 

地域主権が叫ばれていますが、低落傾向に歯止めがかからず、地域によっては疲弊の一途をたどっています。地域の疲弊は、中山間地域において顕著にあらわれています。これまでの中山間地域の地域活性化は、公共事業の導入や大規模リゾート開発に依存する傾向が強く、それらでは地域の抱える問題を解決することはできませんでした。

近年、地域の自然や文化・歴史などを活かし、都市との交流を図りながら地域活性化を推進するエコツーリズムが注目されています。

私たちは茅野市の自然資源や文化・歴史を活かしたエコツアーを企画・実施し、身体と心をリフレッシュするため都市から訪れる人々と地域の人々との交流を図るという活動を通じて、茅野市の地域活性化と観光振興に寄与しようと考えています。

これまでは任意団体として自然環境を考える活動を進めてきましたが、私たちの活動に対するニーズの多様性と活動範囲の広がり、また行政や諸団体との連携の必要性など、法人格取得の必要性が一段と高まってきました。多くの人々に私たちの活動を認知してもらい、さらに持続的活動を可能にさせるためには、特定非営利活動法人の設立は是非とも必要であると考え、特定非営利活動法人「調和の響きエコツーリズムネットワーク」の設立申請をするに至りました。

 

  申請に至るまでの経過

 

1997年6月 「調和のひびき」シリーズのスタート

1997年6月~2002年6月 

  「調和のひびきin奥志賀」自然を考えるコンサートとして毎年、任意団体として開催

2005年6月 「調和のひびきin蓼科」を茅野市で開催

2006年6月 「調和のひびきin蓼科」を茅野市で開催

2007年6月 「調和のひびきin八ヶ岳」を原村で開催

2008年6月 「調和のひびきin蓼科」を茅野市で開催

2009年6月 「調和のひびきin蓼科&奥蓼科でのプチ・エコツーリズム体験」を開催。

200911月~12月 

プレ信州DC「エコツーリズムin奥蓼科 童謡・唱歌の原風景を歩く」を開催

 

   特定非営利活動法人の認証 

 

2010621日 特定非営利活動法人調和の響きエコツーリズムネットワーク設立

 

4  設立年度 認証後の経過

 

20107月  「調和のひびきin蓼科&エコツアー八ヶ岳山麓でちょっと登山気分」開催

201010月  諏訪温泉泊覧会ズ―ラ「マダムランチ&サロンコンサート」開催

201010月~11月 

信州DC「エコツーリズムin八ヶ岳 童謡・唱歌の原風景を歩く」開催

 

 


 ― 役 員 ―      

 

理 事 長   近 藤   日佐子  

副理事長    糸 山  敏 和 

理    事    小 池  純 子
監    事   花 田  弘 志

事務局長    古 谷  健 司