茅野エコツーリズム協議会成果発表会
茅野エコツーリズム協議会 支援事業成果発表会

3月19日(木)  14:00~
茅野商工会議所 大会議室

7団体の成果発表が行われました。





 当NPO法人は 4番目にシンポジウムの内容を報告しました。





-パネリスト-
  1.  伊藤力司  ジャーナリスト(国際問題)
  2.  小池正雄  信州大学名誉教授 農学博士(森林政策学)
  3.  古谷健司  博士(農学) (山岳地域環境科学)
パネリスト共通の視点
  1. 東京一極集中になり過ぎた日本。
  2. 日本がバランスよくなるための地域づくりが必要。
  3. 茅野市はそのスターティングポイントになりうる。
  4. 中山間地域の活性化のキーワードは“多様性”
  • ― 在来住民(財産区民)が中心になり、移住者・長期滞在者の多様な意見を取り入れ、市街地に住む人も協働して活性化に取り組むことで内発的発展をなしうる 

参加者が予想を上回ったこと、手ごたえがあったことなどから持続的な開催を行っていく決意をのべました。