今年最後のエコツアー

11月12日、13日 唐沢鉱泉を拠点とした山歩きと学習。
小池正雄信州大学名誉教授から、枯れ尾の峰で「森林の働きについて考える」
八方台で「森林に関わる労働の特質と現状」という演題で、お話をお聞きしました。


  


森林の国に暮らしながら、森林とは疎遠になってしまっている私たちです。
山の中でお話を聞くことによって、理解できたように思います。


  



時々立ち止まって、お話を聞きながらの学習登山です。 

  


森林の多面的機能 ・ 我が国の保安林制度 ・ 保安林の種類別面積
社会的共通資本としての森林
森林管理労働者の厳しい現状など、多くのことを学びました。
そして唐沢鉱泉の温泉、お山のお宿の美味しいお料理の数々、そして名物の猪鍋を楽しみました。
また来年、唐沢鉱泉で再会する「森林の力を考える」学習グループです


森林は社会的共通資本であるという認識を、もっと多くの人と共有したいものです。