シンポジウムの報告
茅野市長・柳平千代一様よりご挨拶を頂きました
Chiyokazu Yanagidaira, mayor of Chino gave an address.





・基調講演 「観光が地域に及ぼす効果・影響」   
佐藤博康氏  
松本大学名誉教授 (国際理解、日本観光文化国際観光振興会シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルス勤務
文部省シカゴ国際交流ディレクターを経て、松本大学観光ホスピタリティー学科教授、昨年定年退職後名誉教授
インバウンド観光研究の専門家、観光庁Yokoso Japan大使
NHKBS Cool Japanご意見番役で出演中
A keynote speach " The effect and influence that tourism gives to a community"
by Hiroyasu Sato, a professor emeritus of Matumoto University



     
・問題提起    
           「観光資源の持続的管理 ―森林の持続的管理を中心に―」
        小池正雄氏 信州大学名誉教授 農学博士(森林政策学)
A proposition to the subject " A continuous managemant of a tourist resource -Centering on a continuous management of forest" by Masao Koike, a professor emeritus of Shinshu University, a doctor of agriculture




・問題提起
   「地域社会にとって観光とは ―スモール・ツーリズムの推進―」
        古谷健司氏 博士(農学)山岳地域環境科学) 
A proposition to the subject " What is a tourism to a community? -A promotion of a small tourism"
by Kenji Furutani, a doctor agriculture
   




・パネルディスカッション「自然資源を活用した観光のあり方」
    佐藤博康氏  小池正雄氏  古谷健司氏 
       コーディネーター  近藤日佐子
Panel discussion " How to make use of natural resources for a tourism"
Panelists : Hiroyasu Sato,  Masao Koike,  Kenji Furutani
Coordinator : Hisako Kondo




・質疑応答  会場からの質問にパネリストがお答えしました
Question & Answer     Panelists answered the questions from audience


悪天候の中、少人数ではありましたが、無事に開催することができました
講師の先生方、参加者のみなさまのお陰で、内容の濃いシンポジウムにすることができました
有難うございました
Thanks to the lectures and the participators, this symposium ended with substantial argument.
Thank you.
 
《2月2日 長野日報の記事です》