茅野市ソフトテニス協会規約

 

(名称)

第1条    本協会は茅野市ソフトテニス協会(以下「協会」)と称する。

(目的)

第2条     協会は、会員のエチケットとマナーを前提とするボランティア活動によって、ソフトテニスを通して明朗な精神の育成および融和を図るとともに、競技技術の向上はもとより、健康の増進ならびに社会的教養を高め、また、市民の生涯スポーツのひとつとして、その普及発展に寄与することを目的とする。

(事業)

第3条     協会は目的達成のため、長野県ソフトテニス連盟および茅野市体育協会に加盟し、次の事業を行う。

          1.  ソフトテニスの振興・普及・奨励ならびに指導者の育成。

          2.  ソフトテニスの各種大会・予選会・講習会・強化指導等の開催と参加。

          3.  生涯スポーツとしての、市民への普及と援助。

          4.  施設の拡充および維持・管理、ならびに調査・研究。

          5.  その他、協会の目的達成に必要な事業。

(事務局)

第4条    協会の事務局は、事務局長の勤務先または自宅に置く。

(会員)

第5条     協会は、茅野市に在住もしくは勤務するスポーツマンシップを尊重するソフトテニス愛好者、および理事会の認める者をもって組織する。

(役員)

第6条    協会に次の役員を置く。

会長             1名                 副理事長             若干名

副会長           若干名        常任理事             若干名

理事長           1名                 理事          16名以内

事務局長  1名                 監事          2名

会計             1名

第7条    会長・副会長・理事長及び常任理事・事務局長・会計は役員選考会議において推挙し、総会において承認を得るものとする。

2. 役員選考会議は会長、副会長、理事長、参与、常任理事で構成し、会長が主催し、議長を務める。

第8条    監事は総会において選出する。

第9条    理事は第21条に従って総会において選出する。

第10条  役員の任期はいずれも2ヶ年とする、ただし第22条5項の各部長以下の委員(理事)については1ヶ年とする。補選・増員の場合は他の役員の残任期間とする。

第11条 役員の職務は、次のとおりとする。

          1.  会長は、協会を代表し、会務の一切を統括する。

          2.  副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは会長の職を代行する。

          3.  理事長は、協会の事業、ならびに予算を執行する。

          4.  副理事長は、常任理事より互選し、理事長を補佐し、理事長事故あるときは理事長の職を代行する。

          5.  常任理事は、理事長の職務を援助し、会務を掌理する。

          6.  理事は、協会の目的達成のため、理事長・常任理事を補佐し、会務に協力する。

          7.  監事は、協会の事業ならびに会計を監査する。

(会議・決議)

第12条 会議は総会・理事会・常任理事会・四専門委員会・六部会とする。

          1.  総会は協会の最高議決機関であって、会長が召集しその議長となる。総会は役員を除く、委任状を含む会員の過半数の出席を持って成立し、議事はその過半数をもって決する。可否同数のときは議長が決する。

          2.  総会は3月に定例総会を開催する。ただし、会長が必要と認めたとき、又は、会員の3分の1以上の要請があったときは、臨時総会を開くことができる。

          3.  総会は次の事項について審議し、決定する。

(1)事業に関する事項

(2)予算・決算に関する事項

(3)役員の決定に関する事項

(4)規約改正に関する事項

(5)その他議決を要する重要事項

          4.  理事会は会長・副会長・理事で構成し、会長が認めたとき、会長が召集し、議長となる。

          5.  理事会は次の事項について審議し、決定する。

(1)総会で委任された事項

(2)会員加盟に関する事項

(3)その他、緊急必要な事項

          6.  常任理事会は理事長・常任理事、および事務局長・会計で構成し、理事長が必要に応じて召集する。会長・副会長は常任理事会に出席し、意見を述べることができる。

          7.  常任理事会は次の事項について審議し、理事会に提案する。

(1)理事会の審議する事項

(2)その他、必要な事項

          8.  四専門委員会は委員長・副委員長(常任理事)および委員(理事)で構成し、委員長が必要に応じて召集する。

          9.  四専門委員会は次の事項について審議し実施する。

(1)理事会から委嘱された事項

         10.  六部会は部長(理事)以下、理事・部員で構成する。

         11.  六部会は協会運営上の連絡・取りまとめ、および大会企画運営を行うことができる。

(顧問・参与)

第13条  協会に、名誉会長・顧問・参与を置くことができる。

名誉会長・顧問・参与は、会長が委嘱し、総会に報告し承認を得るものとする。名誉会長・顧問・参与は必要に応じ、総会・理事会に出席を求める事ができる。

(会計)

第14条 協会の経費は会員の会費・補助金・委託料・寄付金・その他の収入をもってこれにあてる。

第15条 会費の金額は毎年、新年度予算編成時に総会で協議決定する。

第16条 協会の会計年度は、事業年度と併せ4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第17条 決算は監事の監査を得て総会に報告し、承認を得なければならない。

(入会)

第18条  協会に入会を希望するものは会費を添えて、入会申込書を会長に提出し、理事会の承認を得なければならない。また、理事会は総会に報告するものとする。

(脱会)

第19条 会員が次の事項に該当するときは、会員としての資格を失う。

(1)本人から脱会の申し出があるとき。

(2)会費の納入不履行のとき。

(3)協会の名誉を著しく傷つけたとき。

(4)協会の運営に協力しないとき、または妨げるとき。

(5)規約に違反したとき。

          2.  前項の脱会に関して、理事会の決議事項とする。その内容は総会に報告するものとする。

(表彰)

第20条  協会において特に功労があったとき、または、他の模範となる行為があった会員に対して、理事会の議を経て表彰することができる。

(専門委員会・部会)

第21条 協会に次の専門委員会・部会を置く。

           1.    指導普及委員会

           2.    広報委員会

           3.    競技委員会

           4.    総務委員会

           5.    シニア男子部・壮年男子部・一般男子部・シニア女子部・壮年女子部・一般女子部

           6.    各委員会の委員長・副委員長は常任理事が担当する。

           7.    部会より部長以下理事を会員の比例配分によって適当数選出する。

           8.    会員は必ずいずれかの委員会に所属し、協会運営に参画する。

 

(細則)

第22条 本規約施行に必要な細則は、常任理事会の議を経て理事会が定める。

 

(付則)      本規約は、1992年4月1日からこれを施行する。

 

(改正)      1993年 3月26日総会にて改正

       1994年 3月25日総会にて改正

       1995年 3月 3日総会にて改正

       1997年 3月 2日総会にて改正

       1999年 3月 7日総会にて改正

       2004年 3月 7日総会にて改正

  2016年 3月12日総会にて改正 (第7条 役員選考会議の設置他)