ページタイトル

ゆいわーく茅野概要

 

運営理念

「ゆいわーく茅野」は、茅野市のまちづくりのコンセプト「人も自然も元気で豊か 躍動する高原都市」を具現化するために、「であう」、「つながる」、「創造する」をキーワードに、市民総参加で 持続可能なまちづくりをめざします。

 

ゆいわーく茅野と様々な市民団体が連携し、市民づくり、社会づくり、地域づくり、福祉のまちづくりの実現し、市民のみなさんの出番と役割を創出し、持続可能なまちづくりを目指す図。

 

地域の魅力(ヒト・モノ・コト)を課題解決への足がかりに、市民が自主的・主体的に地域の課題解決に向け行動することで、まちの元気が育まれます。

一人ひとりができることは、社会にはたくさんあります。「ゆいわーく茅野」を拠点に、福祉・教育・生活・自然・文化・歴史・産業など様々なフィールドで、多様な人々が各々の活動を通して、あらゆる場面においてまちの元気を創出していくことを目指しています。

 

 

運営体制

「ゆいわーく茅野」は、市民のみなさんの「まちを元気にしたい」、「だれかの役に立ちたい」、「何か面白いことをしたい」等の想いを応援する公民協働・交流の拠点です。

市民等と茅野市と茅野市社会福祉協議会がそれぞれの特性を活かしながら、協働で運営を行います。そのため、三者からなる運営委員会を設置し、事業の円滑・適正な運営を図ります。

「ゆいわーく茅野」は、ボランティア・NPO団体、区・自治会、地区コミュニティセンター、公民館、保健福祉サービスセンター、学校、企業、商店、農家、社会起業家、滞在者などの個人・団体・組織・機関と連携しながら、事業を進めていきます。

 

ゆいわーく茅野の運営体制図。市民等、市、社協の協働体制を、学校、企業、公民館などが囲んでいる。

 

基本計画に定めた6つの事業の柱

1 自ら気づき、考え、行動する人づくり、地域づくり、まちづくり、支え合いを推進する。

2 さまざまな市民が出会い、交流できる場となり、人と人とのつながりをつくることで、新たな市民活動・ボランティア活動を創出する。

3 市民活動・ボランティア活動をしている個人・団体のために活動場所と情報を提供し、相談を受け、その活動を推進・支援する。

4 市民活動・ボランティア活動にかかわる個人・団体が積極的に情報を発信することを推進し、その情報をつなぐネットワークづくりを進める。

5 市民活動・ボランティア活動に積極的に参加する市民を増やす。

6 障がいのある人など社会参加しにくい環境にある人に交流の場や居場所を提供する。

 

 

主な事業

 ・ 相談・コーディネート事業

 ・ 人財養成・育成・交流事業

 ・ ヒト・モノ・コト情報収集・発信事業

 ・ 連携・協働・ネットワーク事業

 ・ センター管理・運営事業

 ・ 市民・活動団体のニーズ把握と提案事業

 ・ まちの居場所育み事業

 ・ その他、ニーズに応じて

 ※ 具体的内容については、運営委員会において協議しながら決定していきます。

 

 

名称の由来

「茅野市ひと・まちプラザ」(建物の名称)

「プラザ」は広場を表す英語の「plaza」を意味します。

茅野市のまちづくりの拠点となる複合施設であり、この施設に多くの人々が集い、まちづくりが推進され、皆に親しまれる素晴らしい空間となることを願い命名しました。

 

市民活動センター「ゆいわーく茅野」(「ひと・まちプラザ」1階 3階)

「ゆい」は人と人との結びつき、協働または共同作業を表す「結」。「わーく」は「湧く」と仕事・業務を表す英語の「work」を意味します。

茅野市の元気なまちづくり・地域づくりを推進するために様々な協働活動と交流が行われる施設であり、多くの市民活動が次々と生まれる素晴らしい施設となることを願い命名しました。