3月18日「核廃絶への道」講演会

「核廃絶への道」講演会

 

 

昨年7月国連で「核兵器禁止条約」が採択され、条約採択への「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」

の貢献が認められ、12月にはノルウェーのオスロでノーベル平和賞が授与されました。

ノルウェー政府は「核の傘」を理由に国連での交渉に参加しませんでしたが、

そのノルウェーでは今、トマッソン議長が「議会は民の声を聞き、民主的議論をする役割がある。

良識の府として人々の意見を聞く」として、専門家や市民の意見を反映させることを求めています。

 

 被爆者として国連の採決と授賞式に出席した藤森さんが講演します。

 

演 題:核兵器のない世界をめざす

     核兵器禁止条約とノーベル平和賞

 藤森 俊希氏(日本原水爆被害者団体協議会事務局次長

        長野県原爆被害者の会会長 茅野市在住)

 

日 時:3月18日(日)13:30~15:50

場 所:ゆいわーく茅野 集会室

問い合わせ:72-3634(五味)

主 催:ヒバクシャ国際署名を進める茅野市民の会準備会