ページタイトル

設置経緯

 

 

時期   経緯

平成20年

(2008年)

  茅野市では、「パートナーシップのまちづくり」の理念と手法を掲げ、公民協働によるまちづくりを進めてきました。これからのまちづくりには、活動の分野や地域を越えた連携や情報の交換、意欲ある個人の参加の機会を増やすなど、市民総参加のまちづくりを進めるための拠点をつくる必要性があるとの考えのもと、平成20年からの茅野市民プラン(第4次茅野市総合計画)に「(仮称)市民活動センターの設置」の項目を盛り込みました。

平成21年

(2007年)

 

関係部署で組織する「(仮称)市民活動センター設置検討プロジェクトチーム」を庁内に発足させ、(仮称)市民活動センター設置のための検討をしてきました。

平成23年

(2011年)

 

平成23年8月、市民・民間の立場で(仮称)市民活動センターを検討する「(仮称)市民活動センター検討委員会」(委員26名)が立ち上がり、設置目的の明確化、必要な機能・設備、管理運営方法などの検討を行い、平成24年12月に施設の規模を中心とした中間の提案、平成25年6月には機能や管理運営面を盛り込んだ最終の提案をいただきました。

この提案を受け、(仮称)市民活動センター設置基本計画を策定しました。

平成26年

(2013年)

 

(仮称)市民活動センター設置基本計画を具体化するため、NPO法人関係者、分野別市民活動団体関係者、地区コミュニティ関係者、企業関係者、公民館関係者、障害当事者及び関係者、有識者などで構成する「(仮称)市民活動センター設置に関する市民会議」(委員21名)を平成26年6月に組織しました。この会議では、茅野市の市民活動をどのように活発にしていくかという視点を持ちつつ、先進地視察のほか、ハード面・ソフト面に渡り、27回に及ぶ検討を重ね、平成28年3月に管理運営計画(案)をまとめていただき、その報告を受けました。

市は、市民の思いが詰まったこの管理運営計画(案)を、市民活動センター「ゆいわーく茅野」を管理・運営するための基本指針として位置付けました。

平成27年

(2015年)

1月

基本設計
  6月 実施設計
 

8月

旧建物(総合福祉センター)解体工事終了

 

10月

起工式(着工)

平成28年

(2016年)

1月

名称(愛称)公募

  3月

名称(愛称)決定

 ・館の名称…茅野市ひと・まちプラザ

 ・(仮称)市民活動センターに代わる名称

               …市民活動センター

 ・市民活動センターの愛称…ゆいわーく茅野

  4月

市民活動センター準備室 設置

  10月

竣工式

  11月

茅野市市民活動センター「ゆいわーく茅野」オープン